2011年05月05日

「キック・アス」ゲキアツ!!!

どうも、昨日より胃酸過多ぎみ、ぶるぅめがねです。

タイトルにあるとおり、「キック・アス」上映でございます。

(C) KA Films LP. All Rights Reserved.
映画館で観そびれたお客さん!!
これは映画館で観た方がいい映画ですよ!キョロキョロ

と、泣く泣くDVDで観たぶるぅはお伝え申し上げたい。

きっと、観た後は「NA-NA-NA~♪NA-NANA~NA♪」と歌いたくなること必至。
血まみれハイテンションのロリータ・バイオレンス・エンターテイメントであります。


主人公はコミックオタクで冴えない高校生のデイブ。

(C) KA Films LP. All Rights Reserved.

ヒーローに憧れ、「ほんとはみんなやりたいんだろ?」
と、ネットで全身スーツを買って、こっそりとヒーロー業を始める。
業、といってもボランティア。

ある日、悪いやつらをやっつけるために挑んでいるところを
目撃者たちに携帯動画で撮られ、youtubeにばっちりアップされる。
そして、リアルニュー・ヒーロー「キック・アス」は街の人気者になるのだが、
ひょんな事から、マフィアの麻薬抗争に巻き込まれてピンチに陥るキック・アス。
そこに助けに現れたのは、マスク姿のコスプレ少女、ヒット・ガールであった。


まずもって押さえるポイントは、キック・アスは弱いということ。
普通の男の子ですからね。

そして、キック・アスのことをよく知らない人は彼女のことをキック・アスだと思いがち↓

(C) KA Films LP. All Rights Reserved.

いやいや!!
彼女は泣く子も黙るヒット・ガール花まるであります。
本作のビジュアルはこの子の紫の髪の毛とタレメマスクが全てかっさらってますな。

か・・・かわいい・・・ハート
そんなビジュアルなのに、切りまくりの飛ばしまくり。

ヒット・ガールを演じるのはクロエ・グレース・モレッツ(当時11歳)

・・・そう、11歳の女の子が血しぶきバイオレンスをやるもんで、世の中は大騒ぎだったのです。
PG付くのは当たり前、それどころか、BGMを何とかしなくちゃ上映中止!なんて。

そんな感じでこちらをドギマギさせるのは、クロエちゃんの魅力ゆえだと思うのですよね。

本作はとんでもない怪物スターを生み出してしまったのではないか、
と、「レオン」のナタリー・ポートマンを観るような気持ちにもちょっとなりました。


そんな「ヒット・ガール」、もとい「キック・アス」の上映スケジュールは
7月2日 15時30分
7月4日 17時30分
7月6日 12時30分

となります。それぞれ117分の上映です。


・・・コスプレでのご来場、大歓迎でございます(笑)

お見逃しの無いよう、よろしくお願いいたしますピカピカ



同じカテゴリー(上映作品)の記事画像
「ロボット」まさかの上映決定!!
『クロサワ映画2011 ~笑いにできない恋がある~』
『311』を上映します。
『ハラがコレなんで』が決定です。
「朱花の月」決定!
特別上映の2本をご紹介!
同じカテゴリー(上映作品)の記事
 「ロボット」まさかの上映決定!! (2012-04-28 16:44)
 『クロサワ映画2011 ~笑いにできない恋がある~』 (2012-04-25 23:00)
 『311』を上映します。 (2012-04-22 20:14)
 『ハラがコレなんで』が決定です。 (2012-04-16 22:14)
 「朱花の月」決定! (2012-04-15 19:54)
 特別上映の2本をご紹介! (2012-04-15 10:43)

Posted by mffスタッフ at 17:16 | Comments(0) | 上映作品
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
<?=$this->translate->_('削除')?>
「キック・アス」ゲキアツ!!!
    コメント(0)