2012年04月15日

「朱花の月」決定!

たまにゃブログ書かなきゃな~と思った時に限って、
ログインが上手くできなくて。

えーえーそうですか!もう書かんでいいっちゅーことやんな!!ムカッ

と思った瞬間にログインできました。

ちぇっ(笑)

なんつって、どうも、ぶるぅめがねですワーイ


ShU先生から始まりました、
「第18回映画祭 これ上映するよ!ネタ出し大会」

わたくし、ぶるぅが引き継ぎまして、
今回ご紹介する作品はこちら。


「朱花の月」
公式ホームページ:http://www.hanezu.com/

しゅ・・・しゅか・・・のつき。


違います「はねづ」です。


(C)2011「朱花の月」製作委員会

「殯の森(もがり の もり)」の河瀬直美監督作品、最新作。

======

朱花(はねづ)という色に魅せられ染色家として暮らす加夜子は、
長年同居している恋人の哲也のほかに、同級生で木工作家の拓未と心通わせるようになっていた。
叶わなかった祖父母たちの想いを受け継ぐように、深く互いを愛するようになる加夜子と拓未。
加代子は、自身の妊娠を機に哲也に気持ちを打ち明けるも、哲也は変わらぬ愛で加夜子に向き合おうとする。
神の代から変わらぬ、男、女、男の切ない交わりを、美しい奈良・飛鳥の地で描く。

======

はねづっていうのは、上にあるとおり、色の名前なんですね。

既にわたくし、本作のサンプルを観ているのですが、なんでしょうね、この・・・

パッション?

いや、ナチュラルパッション!

登場人物3人は、とても静かに、穏やかに暮らしているのですが、
その裏に静かに燃える情熱が見え隠れして、わたしゃDOKIDOKIしてしまいましたね。

巣を整えて女の帰りを待つ2人の男と、その間を傷つきながら飛ぶ鳥のような1人の女。

男×女×男、という普遍のテーマは、はるかかなた、万葉集の時代から変わっていないようで、
それを示唆する句が、作中にたびたび出てきます。


誰に共感するのか、そこはきっと問題ではないのだけれど、
自分から離れようとする女に対して、尚も暖かく包むような愛を向ける哲也が苦しくて、
私は非常に、ダメージを喰らった次第です。


是非ぜひぜひ多くの方に見ていただいて、同じようにダメージを喰らっていただいて、
胸の奥で朱花色の血を流していただきたいですね。(なんちゃって)




本作、イタリア映画特集につづき、「女性映画特集」と一応、仮枠組みされております。
次回も女性映画・・・?を紹介させてくださいませませ。


よろしくどうぞ!



同じカテゴリー(上映作品)の記事画像
「ロボット」まさかの上映決定!!
『クロサワ映画2011 ~笑いにできない恋がある~』
『311』を上映します。
『ハラがコレなんで』が決定です。
特別上映の2本をご紹介!
スペースカウボーイ
同じカテゴリー(上映作品)の記事
 「ロボット」まさかの上映決定!! (2012-04-28 16:44)
 『クロサワ映画2011 ~笑いにできない恋がある~』 (2012-04-25 23:00)
 『311』を上映します。 (2012-04-22 20:14)
 『ハラがコレなんで』が決定です。 (2012-04-16 22:14)
 特別上映の2本をご紹介! (2012-04-15 10:43)
 ほっぺたつついたら指が凍りそうな美女 (2012-04-02 14:26)

Posted by mffスタッフ at 19:54 | Comments(0) | 上映作品
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
<?=$this->translate->_('削除')?>
「朱花の月」決定!
    コメント(0)