2012年04月20日

ガス・ヴァン・サントの新作を上映!

こんにちは。やっぱり終わらないShUです。終わらない歌を唄おう、くそったれの世界のため、てな歌がありましたな。

お? いけるか、これ? って何のことやら。

さて引き続き宮崎映画祭の上映作品、それもピカピカの新作をご紹介。

『ドラッグストア・カウボーイ』で注目され『マイ・プライベート・アイダホ』や『小説家を見つけたら』『エレファント』『ミルク』の優れた作品を発表し続けるガス・ヴァン・サント監督の最新作!





『永遠の僕たち』

死に取り付かれた主人公は、自分の趣味である葬式覗きの際に、余命いくばくもない少女に出会う。死を介在させた二人の人生は美しくも輝きだすのだが、そこには残酷なタイムリミットがあるのだった…。

主人公の少年を演じるのはデニス・ホッパーの息子ヘンリー・ホッパー(!)。ぶるぅ氏にいわれてはじめて気づいたけど、儚げな少女を演じるのは『アリス・イン・ワンダーランド』のあの子、ミア・ワシコウスカ。そこになんと日本からも加瀬亮が出演!

やっぱり純愛映画ですよ、映画は!

http://bd-dvd.sonypictures.jp/eien-bokutachi/

ぜひお見逃しなく! 




Posted by mffスタッフ at 20:39 | Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
削除
ガス・ヴァン・サントの新作を上映!
    コメント(0)