2012年07月30日

『贖罪』がベネチア国際映画祭に!

こんにちは。ShUです。終了して二週間、もう余韻はなく、様々な残務作業が残っている感じなのですが…。

そんな中、ちょっと驚きのニュースが入り込んできました。第18回宮崎映画祭のファイナルプログラムとして上映させていただきました黒沢清監督の『贖罪』がベネチア国際映画祭のアウト・オブ・コンペティションに出品、上映されることになりました。

http://www.wowow.co.jp/dramaw/shokuzai/topics/

アウト・オブ・コンペティション部門ですから、○○賞のようなものはないのですが、まぁなんといいますか、エッヘッヘ

またこのようなテレビ放送作品の国際映画祭招待は異例とのこと。僕の記憶にある限りは『ファニーとアレクサンデル』くらいでしょうか。『1900年』や『ベルリン・アレクサンダー広場』は招待されていないと記憶します。

重ねてこのような作品を宮崎映画祭で上映できるようにご尽力いただいた全ての方々に感謝申し上げます。ありがとうございます。

素直に嬉しいです。

また第18回宮崎映画祭のパンフレットには、今回の上映に際しての黒沢清監督からのメッセージも掲載されています。黒沢監督ありがとうございました。





Posted by mffスタッフ at 18:45 | Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
削除
『贖罪』がベネチア国際映画祭に!
    コメント(0)