2012年04月16日

『ハラがコレなんで』が決定です。



先日の春の嵐以降、すっかり暖かくなりましたが、いかがお過ごしでしょうか?

2回目の登場のNari Mです。映画祭の上映作品も一部を除き解禁しましたので、これからどしどし紹介していきます。映画祭のチラシはもう少しで完成です。こちらも楽しみにしといて下さいね。

今回も前回の「朱花の月」を受けて女性映画を紹介してみようと思います。

ご紹介する作品は

『ハラがコレなんで』です。

公式サイトは
http://harakore.com/

監督は『川の底からこんにちは』『あぜ道のダンディ』といった快作を順調に発表している気鋭の石井裕也さんです。今をときめく若手女優の満島ひかりさんの御主人としても知られていますよね。

そしてヒロインの原光子役を演じるのはこれもまた旬の若手女優の一人である仲里依紗さん。22歳の若さですが、『時をかける少女』『純喫茶磯部』『ゼブラーマン』『モテキ』など、フィルモグラフィーもかなり充実しています。これから日本映画史にどんな足跡を残していくのでしょうか?非常に楽しみです。

ストーリーをネタばれしない程度に説明しますと…。

「光子は妊娠9カ月で恋人と別れ、所持金もつきてしまった。普通は慌てるところだが、今どき、珍しく義理人情を大事にし、粋に生きることを最も重んじ、昼寝すれば大丈夫と楽観的に考えていた。
もちろん、それだけで状況が好転するわけではなく、結局はゆくあてもなく、とりあえず幼少期を過ごした長屋に戻ってくる。
いまは閑散としている長屋に暮らしているのは、寝たきりの大家のおばちゃん清(稲川実代子)、幼なじみの陽一(中村蒼)とその叔父・次郎(石橋凌)だけ。
義理人情がモットーの光子は、陽一と次郎が営む食堂が経営難と知るやすぐさま助けの手をさしのべ、食堂は活気を取り戻していく……」

といった感じです。

とにかく、ヒロイン光子を演じる仲さんの明るい表情といい破天荒な行動といい、震災後の暗い世相を吹き飛ばすモノがありますよ。まさに女車寅次郎ですね。

映画は女優だということを再確認できる作品になっていますよ。

乞うご期待。













同じカテゴリー(上映作品)の記事画像
「ロボット」まさかの上映決定!!
『クロサワ映画2011 ~笑いにできない恋がある~』
『311』を上映します。
「朱花の月」決定!
特別上映の2本をご紹介!
スペースカウボーイ
同じカテゴリー(上映作品)の記事
 「ロボット」まさかの上映決定!! (2012-04-28 16:44)
 『クロサワ映画2011 ~笑いにできない恋がある~』 (2012-04-25 23:00)
 『311』を上映します。 (2012-04-22 20:14)
 「朱花の月」決定! (2012-04-15 19:54)
 特別上映の2本をご紹介! (2012-04-15 10:43)
 ほっぺたつついたら指が凍りそうな美女 (2012-04-02 14:26)

Posted by mffスタッフ at 22:14 | Comments(0) | 上映作品
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
削除
『ハラがコレなんで』が決定です。
    コメント(0)