2012年04月22日

『311』を上映します。

皆さん、こんにちはNari Mです。




『311』

森達也さん(作家・映画監督)、綿井健陽さん(映像ジャーナリスト)、松林要樹さん(映画監督)、安岡卓治さん(映画プロデューサー)の4人が共同監督を務めています。

まだまだ余韻が残る東日本大震災の2週間後。4人はもともと映画にするつもりはなく、ただ震災をその目で確認・記録することを目的に撮影を開始しました。

福島から岩手県陸前高田・大船渡、そして児童の8割が死亡・行方不明となった宮城・石巻市立大川小学校など被災地を巡っていきます。その中で記録目的の映像を、こうして映画として発表する動機はなんだったのか? 映画はそこを深く描いていきます。

冒頭から、いきなりガイガーカウンターの数値が急激に上がり、使い方を試行錯誤しているところなんかは、TVのニュース
映像とは違った緊迫感がだだよっており、作品の世界にすぐに引き込まれていきます。


東日本大震災は現在進行形の出来事です。この作品を観て震災後自分がどういうことが出来るかを改めて考えるきっかけになりました。今を生きる私たちにとって、必見の映画といえるのではないでしょうか。上映は7月14日、オルブライトホールにて。第18回宮崎映画祭クロージング作品です。

公式サイト
http://docs311.jp/





同じカテゴリー(上映作品)の記事画像
「ロボット」まさかの上映決定!!
『クロサワ映画2011 ~笑いにできない恋がある~』
『ハラがコレなんで』が決定です。
「朱花の月」決定!
特別上映の2本をご紹介!
スペースカウボーイ
同じカテゴリー(上映作品)の記事
 「ロボット」まさかの上映決定!! (2012-04-28 16:44)
 『クロサワ映画2011 ~笑いにできない恋がある~』 (2012-04-25 23:00)
 『ハラがコレなんで』が決定です。 (2012-04-16 22:14)
 「朱花の月」決定! (2012-04-15 19:54)
 特別上映の2本をご紹介! (2012-04-15 10:43)
 ほっぺたつついたら指が凍りそうな美女 (2012-04-02 14:26)

Posted by mffスタッフ at 20:14 | Comments(0) | 上映作品
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
削除
『311』を上映します。
    コメント(0)