2011年05月29日

ブロンド少女は過激に美しく!

ブロンド!こう聞いただけで興奮するぶらっく若葉マークです。

台風でしたね!皆さま、大丈夫でしたでしょうか?
思ったよりも、強烈でなくて、安心しているところです雷

さて、今回ご紹介させていただく「ブロンド少女は過激に美しく」ですが、
な、なんとこの映画の監督、生誕して1世紀を迎えているのです!オドロキ

お名前は「マノエル・デ・オリヴェイラ」さん。
いいですか?「マノエル・デ・オリヴェイラ」さんですよ。
はい、舌を噛みそうですねワーイ

さぁ、初心者のぶらっくが、この映画を語れるのか!?
いや、語れまい語れまい。
とお思いかと思いますが、みなさん。
その通りです。

と言っていてもはじまらぬ。
様々な書評を参考に、ちらっと内容をお知らせしますねちっ、ちっ、ちっ


(C) フランス映画社

本作は、上映時間64分。
その長くはない時間に、作品をあっさりと仕上げている印象も受けるが、
その語り口は名人芸の域だ、とどこかに書いておりました。

各映画のどんでん返しに慣れている現代素人代表・ぶらっくなんかには、本作のオチは、それほど意外ではないだろうが、ユーモアたっぷりの語り口には魅了されてしまうはずメロメロ

なんてことも、書いてありました。
あ、一部私情が入っておりますねキョロキョロ
うーん。中々興味深いですね!ニコニコ
・・・さぁ、皆様そろそろお気づきかもしれませんが、
私、この映画を見ることができておりません!!
というのも、ツ◇ヤで探したんですがね~、なかったのですよ、DVD・・・叫び

なので!映画館で見れるのを楽しみにしとるんでやんすな。げへへクレイジー

いやぁ~、しかし、この映画のブロンド少女ことカタリナ・ヴァレンシュタインさんメロメロ
(思わず、2月の恋愛行事名かと思っちゃうお名前です)の美しさは一見の価値あり!
みて、この美しさ!(若干、画像荒くてすいません・・・)

(C) フランス映画社

てかね、この人ぶらっくと同い年なんどすの。
で、この妖艶さ!なぜ!?大泣き
これは、観て勉強せねば!(あれ、観点が違う?)

さて、上映時間のお知らせ。

7/2(土) 18:00~19:04
7/7(木) 10:30~11:34
7/8(金) 15:00~16:04

以上の3回です!
皆さん、過激で美しい作品、いかがですか!?
ぶらっくも過激に美しく生きたいなぁ~。。。いや、無理だな。どろん。ダッシュ2



同じカテゴリー(上映作品)の記事画像
「ロボット」まさかの上映決定!!
『クロサワ映画2011 ~笑いにできない恋がある~』
『311』を上映します。
『ハラがコレなんで』が決定です。
「朱花の月」決定!
特別上映の2本をご紹介!
同じカテゴリー(上映作品)の記事
 「ロボット」まさかの上映決定!! (2012-04-28 16:44)
 『クロサワ映画2011 ~笑いにできない恋がある~』 (2012-04-25 23:00)
 『311』を上映します。 (2012-04-22 20:14)
 『ハラがコレなんで』が決定です。 (2012-04-16 22:14)
 「朱花の月」決定! (2012-04-15 19:54)
 特別上映の2本をご紹介! (2012-04-15 10:43)

Posted by mffスタッフ at 11:05 | Comments(0) | 上映作品
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
削除
ブロンド少女は過激に美しく!
    コメント(0)